中文  English   
  
ホーム 会社情報 事業内容 強み 企業の社会責任 採用情報 お問い合わせ
日本市場に最適な対応体制
品質管理
情報セキュリティ
ネットワーク管理
 
ホーム -- 強み -- 品質管理  
品質管理
 

   DHCはお客様の満足度に着目し、目標管理と継続改善という基本方針の下に、ISO9001:2008標準の品質マネジメントシステム要求事項、CMMI-DEV モデル6SIGMAの改善方法を取入れ、安定且つ効率的なソフトウェア製品とサービスの提供する。会社の品質方針は「管理層が責任を持ち、社員が全員参加し、継続的改善を行い、お客様の要望を満足させよう」である。

  品質管理システム

  大連華信は創業以来、品質管理システムの確立に努めてきました、品質管理の方針、目標と責任を確定し、品質計画、品質コントロール、品質保証及び品質改善をソフトウェア開発の全てのプロセスに実施させています。

   プロセス改善

   ソフトウェア開発プロセスの標準化及び開発能力成熟度の向上のため、当社は相次いでCMMCMMI-DEVモデルを導入しました。会社はCMMI-DEVモデルに基づいて、統一のソフトウェア開発プロセスを制定して、社内で普及させる。プロジェクト総体管理、スコープ管理、進捗管理、品質管理、コスト管理、リスク管理、コミュニケーション管理、人の資源管理等のプロジェクト管理方法に従ったソフトウェア開発を実施することで、ソフトウェア開発のプロセスを「見える化」を実現した。

 
   開発プロセス

  各プロジェクトの開発プロセスを安定化するため、会社はCMMI標準を基礎とした、統一のソフトウェア開発標準を制定して、社内で普及させる。プロジェクト総体計画、進捗、品質、仕様等の管理方法および報告のルール等を定めたガイドラインに従った開発を実施することで、これまでお客様にとって「見えにくい・分かりにくい」ものであったシステム開発のプロセスを「見える化」を実現した。

 
   プロセス審査

   品質管理システムを有効に運行させるため、会社レベルで内部審査体制を設立し、業務レベルでPPQA体制を設立しました。PPQAは標準と計画に基づいて開発プロセスと成果物をチッェクします。同時に、更に組織の工程実践、標識プロセス優劣ポイントを把握して、プロセス改善の開始と持続進行を推進するために、年毎にSCAMPI評価方法によって内部評価を行って、品質マネジメントシステムの有効性を持続的に維持させて、絶えずに改善活動を行っている。

   組織支援

   開発要員の品質意識をアップさせ、改善文化を形成するため、品質管理と改善方法に関するトレーニングを提供している。また、外部からのプロジェクトに対する支援も行われている。例えば、ソフトウェア開発プロセス、定量分析方法などの指導。



個人情報保護方針
©2014 大連華信計算機技術股份有限公司