中文  English   
  
ホーム 会社情報 事業内容 強み 企業の社会責任 採用情報 お問い合わせ
日本市場に最適な対応体制
品質管理
情報セキュリティ
ネットワーク管理
 
ホーム -- 強み -- ネットワーク管理  
ネットワーク管理
 

   大連華信の情報ネットワークは、大連を中心に、その国内外の各拠点をカバーしてあります。クラウドコンピューティング時代に適合し、グローバル最高基準(Tier 4)に符合する次世代データセンターを構築しました。ネットワーク全体は最先端の設計理念に基づいて、高い信頼性並びに安全性、高い可用性並びに管理の容易性を配慮して構築してあります。光ファイバ、同軸ケーブル等多様化した接続回線を採用し、ネットワークQoS管理体系によって伝送のサービス品質レベルを確保します。インテリジェントネットワークパフォーマンス分析システム。

   ネットワーク通信品質の確保とお客様の便利性向上のため、“多キャリア回線接続”、“回線の冗長構成”、“キャリア貫通”、“国際出口”などを確保した上で、高品質のネットワークサービスをご提供します。インターネットの接続にチャイナユニコム、チャイナテレコム、チャイナモバイル等キャリアの専用回線を接続し補充として専用のリンクロードバランス設備を使用していまして、メインネットワークサービスの可用性は99.99%に至ります。そのコア層はハイ性能のダブルルータ交換機の相互バックアップし、分布層はダブル万兆光ファイバと接続してネットワーク構造は信頼性と柔軟性を有します。立体化したネットワーク安全体系は、防衛システム、デスクトップジョブ管理システム、ネットワークアクセス制限及びキーポイントネットワーク利用の監査記帳システムなど。

  • ネットワークトコアトポロジー:データセンター級コアネットワークテクノロジーを採用し、ネットワークのコアレイヤとアクセスレイヤの二階層構造を採用することで、最大限に高パフォーマンスのデータ転送を確保します。

  • ネットワークセキュリティ対策:最先端のFireWall/WAF/IPS/IDS設備を導入し、全面的にアクセス制御を実施することで、高いセキュリティを実現します。

  •  システム防御管理:コアサーバメトリクスから全てのデスクトップ端末まで、多階層防御体系を採用することで、ネットワークのデータ転送の安全性を保障します。

  • デスクトップ作業管理:ハードウエアのアセット統計やソフトウエア使用状況審査、システムパッチ適応状況、アプリケーションの配布、リモートメンテナンスなどを全面的に管理します。

  • 国際専用LAN接続:デジタル専用回線、IP-VPN、Internet-VPNなど多様のネットワーク接続モデルを導入し、Softbank社、KDDI社、NTT Communication社を含めた多数国際キャリアとの戦略的なパートナー関係を結びました。 

  • ネットワーク監視:集中化、インテリジェント化のネットワーク管理体系で、トポロジー管理、構成管理、トラフィック監視/分析、設備状況管理、故障アラーム発信などを全面的にカバーします。

  • 365日24時間のネットワーク監視サービスを提供します。

  • ワイヤレスネットワーク管理:オフェスエリアを全域カバー、ネットワークのアクセスポリシーを柔軟に管理できます。

  • インテリジェント管理システム:集中的にアクセス制御を実施することで、一元化のネットワーク管理を実現します。

  • ITリソースの仮想化:サーバ、ストレージ、ネットワークの仮想化でより効率的に開発環境の構築を実現できます。

  • 多様のコミュニケーションツール:テレビ会議システムやIP電話 システム、リアルタイムコミュニケーションツールなど多様の手段を利用することで、より便利的なパートナー間のコミュニケーションを実現できます。

 



個人情報保護方針
©2014 大連華信計算機技術股份有限公司