中文  English   
  
ホーム 会社情報 事業内容 強み 企業の社会責任 採用情報 お問い合わせ
グループ会社
  大連地域
  瀋陽地域
  北京地域
  済南地域
  華東上海地域
  深圳地域
  日本
連絡方式
当社へのアクセス
 
ホーム -- グループ会社 -- 日本  
日本
 


 

 
株式会社ハイシンクジャパン(JHC)
日本市場の開拓及び日本お客様により良いサービスを提供する目的で、華信グループは1999年に東京で現地法人を設立した。長年の発展を通じて、JHCは事務的な組織から独自開発能力及び営業能力を取り持つ優秀な会社に成長した。社員数、業務規模、開発能力の持続拡大により、日本市場で華信ブランドの優位性を確立し、華信グループの日本市場のフロント会社としての重要な役割を発揮している。
JHCは2013年度の実績として、大幅な増収増益となった、特に金融分野の伸長と新規開拓が順調であったことが寄与しており、7月の組織改革により、事業部制が機能し出している効果も大きい。
これらを踏まえ、IT設備投資期待が大きい金融業を重点に注力するも、安定的な受注が見込まれる官公庁や通信業、さらに業績好調な個別のお客様にも相応の要員を割き、全体として業績を底上げしていくことが重要である。
 
株式会社ハイシンク創研(LHC)
華信グループの研究開発子会社として、2016年10月5日に京都で設立。大学や企業との連携によりIoT(Internet Of Things)やAI(Artificial Intelligence)の研究を実施。製造業向けのソリューション(画像認識による品質管理、機械学習による故障予知等)を開発し、中国ローカルメーカー、中国日系メーカー、中国に装置を輸出する日本の装置メーカーに対し、華信グループが既に保有する、ERPやMESも含めたワンストップソリューションを提供する。
2016年11月より、IoT、AIの基盤となる、「中日間でのIPv6通信実証研究」と「スーパーコンピューターを活用した適正コストでの機械学習環境構築に向けた研究」を開始。
 
株式会社沖縄ハイシンク(OHC)
沖縄ハイシンクは日本における大連華信グループのニアショア事業拠点として、2015年8月に沖縄IT津梁パークに設立されしました。沖縄ハイシンクは、業務ノウハウのある日本人社員と技術スキルの高い中国人社員が融合した、設計作業を中心とする中流工程対応のニアショア会社として、主に金融系、公共系のシステム開発を担当します。また、BPOやシステム維持管理などのITサービスも提供することにより、お客様にトータルなサービスを提供することで、お客様の信頼獲得を目指します。



個人情報保護方針
©2014 大連華信計算機技術股份有限公司