TEL:+86-0411-85995800
世界一流のデジタル・インテリジェンス技術サービス

及びソリューションプロバイダーになる

NEWS
TitleAbstractContent
新闻搜索
2023日中インダストリアルインターネットフォーラムが開催
Source: | Author:信华信 | Published time: 224 days ago | 3428 Views | Share:
10月19日、2023グローバルインダストリアルインターネットカンファレンスにて、大連市人民政府、信華信技術股份有限公司が主催した「2023日中インダストリアルインターネットフォーラム」が瀋陽市世茂ヒルトンホテルで開催されました。日中スマート製造領域の専門家が一堂に会し、日中「スマート製造」と「インダストリアルインターネット」の融合革新の実現経路を共同で検討し、優れた成果と成熟した経験を共有することができました。


10月19日、2023グローバルインダストリアルインターネットカンファレンスにて、大連市人民政府、信華信技術股份有限公司が主催した「2023日中インダストリアルインターネットフォーラム」が瀋陽市世茂ヒルトンホテルで開催されました。日中スマート製造領域の専門家が一堂に会し、日中「スマート製造」と「インダストリアルインターネット」の融合革新の実現経路を共同で検討し、優れた成果と成熟した経験を共有することができました。


遼寧省工信庁副庁長丁広軍氏、大連市副市長冷雪峰氏、信華信技術股份有限公司総裁王悦氏などがフォーラムに出席しました。恩斯克(中国)投資有限公司、中控技術股份有限公司、三菱電機(中国)有限公司、生田産機工業株式会社、都市麗人、株式会社ハイシンク創研などの日中スマート製造分野の専門家が講演を行いました。

 


遼寧省工信庁副庁長丁広軍氏は、「遼寧省は東北の対外開放の重要な窓口であり、日中両国は一衣帯水の隣国であります。2023年前半、遼寧省における日本の投資企業が7978社で、実際投資額が3131万ドルで、前年同期比67.3%増加しました。遼寧省から日本への輸出入は450.2億元で、全省の輸出入総額の11.6%を占め、貿易相手国のトップであります。信華信をはじめとする大連企業は、三菱電機、NTTデータ、日立、NEC、NSSOLなど多くの日本企業とソフトウェアアウトソーシングやDXなどの面で深く協力し、遼寧省のソフトウェア輸出に大きく貢献しました。長年にわたり、大連市は中国国内にてソフトウェア輸出1位、対日ソフトウェア輸出1位を維持してきました。

また、遼寧省と日本はインダストリアルインターネット分野で同時に力を入れていました。2016年、遼寧省は全国初の省級都市としてインダストリアル両化の深度融合を推進する実施計画を発表しました。日本インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI)はスマートインダストリアル製造業の基本アーキテクチャ「インダストリアル・バリューチェーン・リファレンス・アーキテクチャー(IVRA)」を発表しました。2018年、遼寧省は「インダストリアルインターネット発展行動計画」を実施し、日本経産省は「インターネットインダストリアル」に力を入れました。2021年、製造業エコシステムを推進するために、遼寧省は「日中インダストリアルインターネットサービスプラットフォーム」を構築し、日本製造業の技術、デジタル技術能力を導入し中国のインダストリアルインターネットエコシステムに溶け込み、日中製造業のサプライチェーンとインダストリーチェーンの融合及び高品質の外資利用に新業態発展経路を提供しました。


現在、遼寧省は全面振興新突破三年行動を全力で実施し、質の高い生産力の育成、現代産業システムの構築を取り組んでおります。臨席の皆様と一緒に、インダストリアルインターネット産業発展の機会を掴み、お互いに優位性を発揮して、遼寧省と日本産業界の交流と提携を絶えず深化させるようにしましょう。」と述べました。



信華信技術股份有限公司総裁王悦氏は、「昨年11月に、OPEN-AIが人間の生産パラダイムを変えたChatGPT3.5バージョンを発表し、2023年3月に、GPT-4がまた登場しました。2023年10月に、EU炭素国境調整メカニズム(CBAM)も正式的に試行しました。中日両国の製造業企業がカーボン文明からシリコン文明への転換に伴うグリーン化、スマート化の追い風を更なる積極的に乗る必要があり、中日インダストリーインターネットプラットフォームは絶好調の時代になっていると思っております。


信華信は省工信庁による貴重なるご支援を賜り、昨年に中日両国の代表的なインダストリーインターネットパートナーと協力しながら共同で中日インダストリーインターネットプラットフォームを作る上に、今年はインダストリーデータセキュリティを十分に保証することを前提とし、プライベートドメインデータ及びプライベートドメイン配置のインダストリーインターネットプラットフォームに基づき、最新のAIアルゴリズムが組み込まれたMCCプラットフォームを公開し、企業の生産指揮体系の作成に力を入れます。

未来に向け、信華信は「デジタル化・スマート化技術で顧客価値を高める」という理念を堅持し、長期的に日本市場を深耕することに伴うインダストリーソフトウェアにおけるグローバルエコの優位性を利用し、「高級コンサルティングサービス、インダストリーソフトウェアサービス、エネルギー・炭素デジタルサービス」をコア・バリューとし、遼寧省中日インダストリーインターネットプラットフォームを通じて、日本のリーン生産ソリューションで中国国内の製造企業へのエンパワーメントを実現する同時に、中国国内の豊富なDXシーン応用と先端的な経験で遼寧省である外資系の製造企業へのエンパワーメントを実現します。インダストリースマート化の潮流の中で絶えずイノベーションをしながら、一緒に遼寧省製造業における振興・発展の新時代を切り開きましょう!」と発言しました。


大島一浩

恩斯克(中国)投资有限公司 生産本部 総経理

NSKの競争力は、経験を後ろ盾にした品質と技術、及びエンジニアリング技術によりセット技術を強力な運営力にすることであります。当社の企業ビジョンは、DXを企業自身のDTを実現します。デジタル化ツールを導入するだけでなく、デジタル化技術を利用して、安全、環境、品質、エネルギー及び超安定化生産の目線から、DX技術を運用して工場にもたらすインテリジェント管理と効率性を実証します。


呉斌

中控技術股份有限公司戦略とMKT部総裁

プロセスのインダストリアル自動化、デジタル化、インテリジェント化のニーズに焦点を当て、中控技術は「1種類のサービスモデル+3大製品技術プラットフォーム+5 T技術」を核心とする「135顧客価値革新モデル」を構築しました。5サービスステーション+S2B、次世代全プロセスインテリジェント運行管理と制御システム(OMC)、工場オペレーティングシステム+インダストリアルAPP技術アーキテクチャー、プロセスインダストリアルプロセスシミュレーションと設計プラットフォーム(APEX)、5T融合革新技術を通じて、顧客の安全生産、省エネ・消費削減、品質向上、コスト削減・効率化、グリーン環境保護の発展目標の実現を支援します。


長谷宏明

三菱電機(中国)有限公司スマート製造業務総経理

MELSOFT Geminiは三菱電機が発売した3Dシミュレーションソフトウェア製品であり、インダストリアルレベルの電気機械一体化のデジタルシミュレーションプラットフォームであります。生産製造現場の各種シーンのプロセスに対して多次元検証と評価を行うことができ、特に各種自動化設備に対してソフトウェアとハードウェアはリアルタイムに仮想調整を行うことに適しており、自動化工事における設計、検証、調整などの各段階の実施効率を大幅に向上させ、真の意味で生産製造現場のデジタルツインを実現することができます。


生田 稔 

生田産機工業株式会社専務取締役 

生田産機工業株式会社は1919年に設立された金属生産設備メーカーで、100年以上の歴史を持つ企業であります。主力製品は伸銅設備で、面切削装置、超硬ミーティングカッター、ミーリングカッター用研削盤の3つの主要技術を全て保有する世界で唯一の企業であります。また、金属生産工場向けに製造プロセス全体に包括的なワンストップソリューションを提供しており、装置の設計と生産に主力技術を活用し、お客様のDX実現に向けてサポートしています。


沙爽

都市麗人高級総経理Ordifen総経理

ポストERP時代において、世界中のデジタル化進化と企業自身の戦略の枠組みを風靡した中で、デジタル経済の「基盤」を構築することはすでに企業戦略の常態となっています。「戦略目標-転換加速-着地推進-発展促進」の経路を通じて、企業は経営全面予算の視点で戦略と計画をリンクするエンドツーエンドの管理能力を備え、計画に対して常に変化を行うこそ、市場変化に対応することができます。


巽 雅幸

株式会社ハイシンク創研取締役 

株式会社ハイシンク創研は、創業以来、人工知能やデータ分析をはじめとする最新技術を駆使し、製造現場向けソリューションの研究開発に注力しています。画像処理技術、人工知能、MARS(遠隔臨場)、IoT/DX、メタバースなどの先進技術を基に、製造企業の品質改善と生産効率向上に向け、最も先進的な技術ソリューションを提供しています。


張立

信華信技術株式会社副総裁

信華信(大連)デジタル技術有限公司総裁

装備製造工程が複雑、生産管理も非常に困難であります。信華信は長年にわたる装備製造業界の生産特徴の研究に基づいて、インダストリアルインターネット関連のデジタル化技術を結合して、生産工程関連の全要素データ駆動の生産指揮プラットフォームを構築し、大型装備製造企業の生産効率関連問題を統一解決することに力を入れ、3C方法体系を保障として、お客様に最適化されるスマート製造能力の構築を支援します。




相关新闻